くせ毛のトリセツ

くせ毛は前髪から乾かした方がいい理由4つ!

「自分のくせ毛は好きですか?嫌いですか?」

ほとんどの人は自分の髪質に苦労していますよね。

 

結論から言うとくせ毛は前髪から乾かすことです!

理由については以下に記載します。

くせ毛を前髪から乾かす理由

くせ毛を前髪から乾かす理由は、前髪が一番顔に近く印象を決める部分だからです。

美容師がよくいう「顔周り」というやつです。

顔周りの印象で、「かわいい」、「かっこいい」、「大人っぽい」、「キレイ」が決まります。

反対に、顔が大きい、顔が怖いなども決めてしまうのが顔周りです。

 

だからこそ、乾かす時に、まずは前髪から乾かすことです。

特に、くせ毛さんは前髪を乾かす時にやってほしいことがあります。

「クシで丁寧に前髪をとかすこと」

前髪を後で乾かそうと思っていると、その前に前髪が乾いてしまいクセがでてうねってしまいます。

先にクシを使って前髪をあらかじめとかしてから、乾かすことが大切です。

くせ毛は前髪が強い人が多い

くせ毛は、前髪が一番強いのを知っていますか?

前髪の毛はうぶ毛の部分が多く、うぶ毛がうねったり、クルクルしたりしています。

 

うぶ毛は、他の部分よりも細くて縮れやすく、痛みやすいのでクセが出やすいのです。

 

くせ毛は水分を保持できない

クセ毛は、乾燥毛と言われています。

理由は、髪の構造にあります。

髪と言うのは本来、3層で出来ています。

わかりやすく言うと表面、中間、中身といったところです。

ここで一番関係しているのが、表面にあたる「キューティクル」の量です。

 

 

キューティクルの役割は、髪全体を包み込むバリアのようなものです。

髪の水分を保持したり、摩擦や紫外線から守ったりしてくれています。

 

実はくせ毛は、「キューティクル」が髪のまわりにまばらについています。

つまり、まっすぐな髪に比べて、キューティクルの量が違うのです。

 

わかりやすくいうと、くせ毛はキューティクルがまばらにつき、まっすぐな髪はキューティクルが均一についていると言えます。

 

だから、くせ毛は水分量を保持できないのです。

 

くせ毛の前髪の乾かし方

くせ毛の前髪の乾かし方で先程、

「クシでとかす」ことをお伝えしましたね。

さらに、もうひとつポイントがあります。

「テンションをかけて乾かす」

※テンションとは・・・髪を引っ張って乾かすこと

ドライヤーを手に持ちながら、反対の手の人差し指と中指で前髪を挟み、下に引っ張りながら乾かします。

何度か繰り返すことで髪のくせは、ある程度伸びてくれます。

ポイントは、髪に水分が残った状態から始めることです。

朝起きて乾いた状態でドライヤーでテンションをかけても伸びません。

美容室で前髪ストレートパーマをすると楽ちん

前髪ストレートパーマはしたことがありますか?

ポイントストレートともいいます。

前髪だけなので、時間も料金もリーズナブルなところがほとんどです。

時間

カット込みで時間は60分〜120分程度

料金

カット込みでも6000円程度です。(美容室によって違いますので確認しで下さい)

前髪ストレートは形状記憶シャツに似ています。

洗っても乾かせば、ストレートを維持できます。

汗をかいても、濡れてもうねったりすることはありません。

特に汗をかく仕事の方、運動する方には前髪ストレートはもってこいなメニューです。

おわりに

いかがでしようか?

前髪のくせ毛について紹介させて頂きました。

以下にまとめます。

  • くせ毛は前髪から乾かす(クシでとかす)
  • くせ毛はキューティクルが足りない
  • くせ毛はテンションをかけて乾かす
  • 前髪ストレートをかけると楽ちん!

です。

以上くせ毛は前髪から乾かした方がいい理由4つ!でした。

-くせ毛のトリセツ

Copyright© 髪質改善LABO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.