顔と髪の100点満点の法則

いつまでも【美髪】をキープするためのシャンプー&ドライテクニック

この記事は、いつまでも【美髪】をキープするためのシャンプー&ドライテクニックについてお伝えしています。

年齢を重ねるとともに、髪の悩みは誰でも、うねり、ベタつき、艶がない、ボリュームが出ないなどあるものです。

結論からいうと、髪をキレイにするなら、まずはシャンプー方法を見直すことからはじめてみましょう!

まずはシャンプーの方法を見直してみましょう。
いくら良い商品を使っても間違ったやり方では効果も半減。

プロが教えるいくつかのポイントを押さえるだけで見違えるほどの変化が現れるはずです。

シャンプーの目的は頭皮の洗浄

朝よりも夜寝る前に1日の汚れを落とそう

シャンプーは髪の毛よりも頭皮の洗浄が目的で、頭皮に溜まった老廃物や皮脂の汚れを落としてあげるための行いです。
シャンプーは1日1回、そして朝よりも夜が理想的。
1日の汚れやスタイリング剤など、その日の汚れはその日に落とすのが基本です。

シャンプーを使う前に必ず!ブラッシング、予洗い、泡立て

シャンプーをするための下準備として大切なのが、髪を濡らす前のブラッシング。髪の汚れを浮かせて、頭皮の血行を促進します。
次にしっかり寝る前で頭皮を洗い、シャンプー剤は手でよく泡立ててからつけるとスムーズに汚れが落ち、摩擦によるダメージを防ぎます。

指の腹でやさしく頭皮をマッサージするには思っているより念入りに

シャンプーをするときは消して爪を立てず、頭皮のツボを意識しながらマッサージするように洗うと血行が促進され、頭皮環境にも良い効果があります。
すすぎ残しがあると頭皮トラブルの原因となるので、耳の周りや生え際などは念入りにに流すように心がけましょう。

トリートメントは毛先を中心に少しおくことで効果もアップ

スカルプ様と書かれていないトリートメントは頭皮につくと毛穴を詰まらせることがありますので注意が必要です。
ダメージが気になる毛先を中心にしっかりなじませ、少し放置することでトリートメント成分の浸透を助け、効果もアップします。

ドライヤーの使い方で髪はもっとキレイになれる

ドライヤーは熱で上が痛いもの、面倒なものって思っていませんか?実はドライヤーを正しく使用することで、髪や頭皮のトラブルを防ぎ、逆にダメージを防ぐことができるんです。いろんなことをつかんで、サロンでブローしたような仕上がりを目指しましょう。

濡れた髪はデリケート

まずは優しくタオルドライ

濡れた髪はキューティクルの窓の間に水分子を多く含んでおり、その状態でドライを当てるとキューティクルが痛む可能性がありますタオルドライはゴシゴシこするやつ、上を挟んで優しく押さえるように行います。吸収力の高いタオルを使用すると時間短縮になりお勧めです。

目的に合わせたリーブイントリートメントで熱にダメージを生になりたい髪質に

今や常識になった洗い流さないトリートメントにはドライヤーの熱から守り、質感をアップさせてくれる商品が多くあります。オイルタイプ、美容液タイプ、クリームタイプなど、なりたい紙質や仕上がりに合わせてしっかりダメージケアをしましょう。

頭皮を先に乾かすことを意識

キューティクルの流れに沿い、最後まで冷風で

プロモ行っているドライヤーの使い方のコツは、熱が集中して当たらないように髪の毛を振るように乾かすことです。まずは根本をしっかり乾かしてから毛先は上から下に風が当たるように乾かし、最後に冷風で仕上げるとキューティクルが引き締まりツヤが出ます。

イオン・遠赤外線・コラーゲン・テラヘルツなど進化したドライヤーの美髪効果を活用しよう

旬ドライヤーには保湿効果をうたったものや、髪を早く乾かしたりダメージを受けた上を復元したりと、実は効果の高い美髪機とも言える商品がたくさん発売されています。毎日使うドライヤーなので、ながら美容で美しくなれるのであれば、ぜひ活用してみてください。

よく聞かれるQ&A

お風呂上がりは自然乾燥派。ドライヤーって必要ですか?

濡れた状態の上は、キューティクルが開いたままになっていて、痛んだり剥がれ落ちたりしやすい状態です。そのため、例えばはんがきの状態でブラッシングや、そのまま寝て机に頭が出てしまうと、摩擦によりキューティクルが剥がれて傷つき、朝付き合いだけど元になってしまいます。
また、上には常在菌が潜んでいるため、濡れている状態が続くと常在菌が繁殖してしまい、匂いやかゆみの元になります。髪を濡らしたまま寝てしまうと、机と紙が接触している部分は湿度が高まるため、より菌が繁殖しやすくなってしまいます。
ドライヤーの時間がめんどくさい、またドライヤーの熱で髪が痛むのが嫌だと、自然乾燥されている方も多いですが、遠赤外線ドライヤーなどドライ時間を短縮する商品をうまく活用し、神谷頭皮の健康にもぜひドライヤーは欠かさず使用してください。

寝癖をつきにくくするにはどうしたらいいですか?

上にはタンパク質の(水素結合)と言うものがあり、髪が濡れると穴もきれい、乾くと結合されてその時の状態で髪の形が決まります。したがって、中途半端に濡れた状態で寝てしまうと、朝起きたときに机の後など寝癖がついてしまいます。
しっかりとドライヤーで乾かし髪を整えた状態で寝れば、寝癖もずいぶんと軽減されるはずです。
さらに、髪は濡れている状態だと何かと髪を痛める要因が増えるため、出来ることなら洗髪後は速やかにドライヤーで乾かすべきです。
朝ついてしまった寝癖は、神の根本を中心に濡らしたり、蒸しタオルなどを、あてて髪にしっかりと水分を与えてから、再度ドライヤーなどでスタイリングするとスムーズです。

-顔と髪の100点満点の法則

Copyright© 髪質改善LABO , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.